子供の真性包茎もクリニックで解決!

真性包茎は子供でも対策が必要になることがある

真性包茎は大人になってから問題になり、治療を検討する人が多いです。
しかし子供であっても真性包茎は問題になることはあり、早い段階で解決しておくと、大人になってから真性包茎に悩まされることがなくなるかもしれません。
そんな子供の真性包茎治療は、大人と同じようにメスを入れることも多いです。
亀頭を覆っている包皮を物理的に取り除くことで解決できるパターンと、包皮の先を切って広げておいて、自然と剥けるようになるように誘導するパターンがあります。

また子供の性器はまだ成長段階でそこまでサイズが大きくなく、亀頭と包皮にも柔軟性があります。
そのため親が包皮を伸ばして、真性包茎状態を解決へと導くというのもひとつの手です。
その際には軟膏を使用しながら、傷ができないように進めていきます。
いずれのパターンも性器はデリケートなので、親が勝手に解決方法を決めてしまうのではなく、専門家のアドバイスを受けながら進めていくのが無難です。

治療をするかどうかは親がしっかり判断

子供の真性包茎を治療するかどうかは、親が判断する必要があります。
子供が真性包茎が何なのかを理解できないからです。
本人がどうにかしたいと思った頃には、すでに大人になっています。
基本的に子供の包皮が剥けるようになるのは、2歳を過ぎたころです。
もちろん亀頭が完全に露わになるのはずっと先ですが、治療が必要かどうかは5歳前後で可能となります。

特に具体的な症状が出ているのであれば、早めにクリニックに相談した方が良いでしょう。
症状として代表的なのは排尿問題で、真性包茎が原因で尿が真っすぐ飛ばなくなってしまうものです。
また包皮の口が狭すぎることで尿がしっかり排出されず、炎症を引き起こすこともよくあります。

子供が思春期に突入すると、親への相談も難しくなるため、真性包茎を早い段階で解決するのは難しくなってしまいます。
そのため性に関する知識があまりない段階で、親の手で早めに解決をしておいた方が良いでしょう。

まとめ

真性包茎は大人になってから治療をすることも可能ですが、可能であれば子供の内に解決しておいた方が良いでしょう。
成長する過程において、子供がコンプレックスを抱くリスクを下げられます。
また真性包茎は子供の内から色々な症状を引き起こすこともあり、生活の支障になりかねません。
そういった問題を避けるためにも、治療が必要かどうかを親がしっかり判断する必要があります。
もし必要性を感じたら、迷わずクリニックに相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*