真性包茎を自分で解決するのは難しい

自力で治す行為にはリスクが伴う

真性包茎なのが気になっているがクリニックには行きたくない、自分で解決したいと考えている人もいるでしょう。
真性包茎を自分で治すのは、難しいとされています。
真性包茎は、自分でむくことができる仮性包茎とは異なり、亀頭を露出させることができません。
無理に包皮を引っ張ろうとすると、強い痛みを感じてしまいます。
包皮と亀頭が癒着している場合もありますので、自分で治そうとするのは危険だといえるでしょう。

狭い包皮口を無理やりひらき、皮を押し下げようとするとカントン包茎になるリスクが高まります。
カントン包茎は、亀頭のうっ血を招く危険な症状です。
包皮輪の締め付けにより血流が悪くなり、細胞が壊死することもあるといいます。
真性包茎は非常にデリケートな問題ですから、クリニックに行くのは避けたいと感じるのも当然かもしれません。
しかし無理に自分で解決しようとすると、上手くいかないだけでなく症状を深刻化させてしまう恐れもあるのです。

クリニックに相談をしたほうが安心

自分自身で真性包茎の問題を解決するのは難しいだけでなく、リスクも伴います。
無理に何とかしようとせず、専門のクリニックで相談をしたほうが良いでしょう。
陰茎は非常に重要な部位ですから、無茶をせず安心安全な方法で問題を解決するのが一番だといえます。

どうしても自分で解決したいという場合は、とにかく無理な力をかけすぎないよう注意が必要です。
包皮口をひろげる場合も、痛みを感じたらすぐにやめるようにしましょう。
痛みを感じたり、炎症などのトラブルが起きたらすぐにクリニックで診察を受ける必要があります。
トラブルを放置していると、炎症が悪化して重大な問題に発展してしまう可能性があるでしょう。
また信頼性の低い器具などは使用しない、ということも大切です。
真性包茎を自力で治すのはほぼ不可能といわれており、危険性も伴います。
なるべく無理をせず、信頼できるクリニックを探して相談をすることをおすすめします

まとめ

自力で真性包茎を解決する治療方法は、現在のところ確立されておりません。
自己流で無理な治療を施してしまうと、カントン包茎になる危険性があります。
非常にデリケートな部位ですので、自分で治そうとするのは避けたほうが良いでしょう。
専門のクリニックなら、包茎の症状にあった最適な治療を受けることができます。
大切な陰茎にトラブルを生じさせてしまわないよう、真性包茎は無理に自力で治そうとせず、クリニックで専門家に相談をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*